ネズミ駆除:殺虫剤の恐怖

ネズミ引越


ネズミ駆除:殺虫剤の恐怖

 

一軒家のうれしいところは、やはり家族のプライベートが保てるというもので、いくら大声で叫んだり飛び跳ねたりしてもアパートの隣の部屋の人に迷惑がかかるというような心配をしなくても良いというものです。

 

そのために、子供がまだ小さいという家族などにも安心して住まうことが出来るのがメリットですが、一軒家に住む人にありがちなのがネズミによる被害です。

 

柱などにかじった跡があるのを見つけたり、ネズミのフンがダイニングに落ちていたりと、子供にとっても不衛生で心配になります。

 

そこでネズミ駆除をしたいと思うものですが、そのために使うトラップや毒入りのフードなどといった様々な道具の中でも、事故につながりやすいのが殺虫剤です。

 

ネズミ用の殺虫剤系の商品も数々と販売されているのですが、それらを誤って乳児や幼児が口にしてしまったり、飲み込んでしまったりするというようなケースも報告されています。

 

そのために、ネズミ駆除を自分たちで行う場合には、子供の居る家ではもちろんのこと、お客さんが子供を連れて来たりする際にも目を光らせておかなければなりません。

 

何かあったときには、救急病院へ駆けつけなければならないという事になるので、注意しましょう。

 

 

『極端に安い見積もりを出す』ネズミ駆除業者には注意!

 

詐欺を行うネズミ駆除業者の特徴として、『極端に安い見積もりを出す』という点が指摘されています。
詐欺を行うネズミ駆除業者がなぜ見積もりで極端に安い見積もりを出すかというと、『安さに釣られて契約する人間を狙っているから』です。

 

悪徳業者は、やはり安い見積もりで興味を引いて、連絡を取ってきた人間を言葉巧みに誘うようですね。
でも、そういうのにハマってしまう人は、自分はまさか悪徳業者の罠にはまっているとは気づいていないと思います。

 

やはり見積もりの話とは全く違い、高額な請求をされた時に「やられた!」と気づきますよね。
もしも悪徳業者に当たってしまった場合、契約書を交付してからまだまだ8日以内であれば、クーリングオフを利用すると言う手段もあります。
そして、クーリングオフ期間を過ぎてしまった場合は、詐欺としてネズミ駆除業者を訴えることもできます。

 

やはり、ネズミ駆除の平均相場は、一般的に、一軒家の場合は15万円前後です。

 

そのため、100万円とか200万円のような駆除費を請求してくる場合は、明らかに法外な価格です。
ただ、高齢者で、あまり人とのもめ事を起こしたくない場合などは、法外な請求を支払ってしまう人もいるので注意です。

 

 

バルサンにネズミ駆除効果があるのか?

 

ネズミ駆除をする時に、バルサンって効果があるのか、ちょっと気になりました。
バルサンは基本的に害虫の駆除で使用されることが多いですが、ネズミ駆除専用ではないので、完全にバルサンで全滅させることは難しいと思います。
ただ、バルサンは別にネズミ駆除に効果がないとしても、焚いておけば害虫駆除には役立つので、焚いておいても損はないと思います。
そういう意味では、バルサンは、ネズミ駆除の効果もあったらいいなくらいの気持ちで試してみるのには、非常に良いと思います!
ネズミ駆除の効果は、バルサンじゃなくても、専門業者以外の方法は、どれも確実性がそれほど高くないので、必ず全滅させることができるとは限りません。
そのため、確実にネズミ駆除をしたい場合は業者に見積もりをしてもらって、しっかり一度部屋の中を点検してもらったほうが良いです。
部屋の中の気づかない場所に、巣を作っている可能性があり、予防対策をしないと、ネズミの再発の可能性が出てきます。
ネズミの再発は、意外に多いので、ただ駆除をするだけでは効果がない場合もあります。
やはりネズミを根こそぎ全滅させるためには、しっかりと巣や侵入口まで壊さないと、何度でもネズミは表れる可能性があります。

ネズミ引越dx