ネズミ駆除のポイント

ネズミ引越


ネズミ駆除のポイント

 

ネズミ駆除では、強力な粘着剤がついた板状のシートである粘着シートや殺鼠剤、忌避剤、超音波などを使います。

 

ネズミは賢いため、シートを敷く場所や敷き方、敷くタイミングなどに気をつけなければ、捕獲できません。

 

捕獲したネズミは、粘着シートごと処分します。回収する際には、噛まれたりしないように気をつけます。
殺鼠剤は、被害のある食材に混ぜたり、毒のない食べ物で餌付けをしてから切り替える方法があります。

 

ただし、餌を食べて死亡したと学習すると、他のネズミが警戒して食べなくなるため、一気に駆除する必要があります。

 

 

ネズミ駆除のポイントは、ネズミの住みにくい環境を作ることです。

 

まず、生ゴミの管理を徹底し、油かずなどのネズミが好みエサをなくします。

 

毒餌を使用する場合でも、他に美味しい食べ物があると毒餌に興味をなくしてしまうため、日頃から餌になるような食べ物は排除します。

 

次に通気口や壁の隙間、エアコン、水道管などの侵入口をなくします。

 

ネズミは1、2センチの隙間でもかじって広げ、出入り口にしてしまうため、金属製のもので隙間を防ぎます。

 

最後に、ネズミが巣をつくりそうな屋根裏や地下室、植え込みなどは、整理整頓を徹底し、巣を作らせないようにします。

 

 

超音波を使うネズミ駆除は手軽で簡単

 

ネズミ駆除の口コミを見ていると、超音波式は手軽な反面、効果がない場合も多いようです。
そのため、ネズミ駆除に確実性を重視するのであれば、口コミであまり評判が良くない超音波式ではなく、毒餌を手作りできるエンドックスのような殺鼠剤の方が良いかもしれません。

 

ただ、エンドックスを使ってしまうと、ネズミが部屋の中で死んでいることがあるので、それが怖くて使いたくないっていう人も多いんですよね。
エンドックスの効果は、誰もが認めるところであり、ネズミ駆除グッズでは実力があります。

 

しかし、エンドックスは、蓄積毒で、いつネズミが死ぬか誰にもわかりません。
基本的には、クマリン系の殺鼠剤は1週間くらいで効果が出るそうですが、ネズミの個体によって、3日くらい現れることもあれば、1週間以上かかる場合もあります。
そして、その時のネズミの死に場所は実に様々です!
自分の巣の近くで死んでいることもあれば、部屋の中で死んでいることもあります。

 

それだけに、どこにネズミの死体が落ちているのかという恐怖と戦わないといけないのです。
部屋の中でネズミの死骸を見つけた時には、絶叫する人もいますので、やはり処分は気持ちよいものではないですね。

ネズミ引越dx